リスクの無い簡単な診断

カードローンは申込みをした時点で、信用情報機関に記録が残ります。このリスクを回避する方法として試したいのが簡易審査です。ここでいう簡易審査とは、特定される個人情報を申告せずに、あくまでも融資できそうかどうかだけを、即座に回答してもらえる審査を指します。

 

審査については、似たような言葉に仮審査があります。通常カードローンの審査は仮審査から行います。申告された情報を基に、融資可能かどうかを調べるのが仮審査というイメージです。

 

仮審査で問題がなければ、申告した情報に間違いがないかなどを調べる本審査があります。本審査で特に問題がなければ、審査通過で融資してもらえます。仮審査も本審査も、個人情報を申告した上で行う、本番の審査です。

 

これに対して簡易審査では、融資できそうかどうかの目安を知るためだけの審査という位置づけです。自分の名前すら申告しないので、信用情報機関に一切記録が残りません。もちろん仮審査や本審査程の信憑性は期待できませんが、自分位の属性の人が借りられそうかどうかというレベルであれば、即座に調べられます。

 

例えば既に40万円他社で借入れしている年収300万円の自分が、融資を受けられそうかどうかなどが、簡易審査ではわかります。ノーリスクでしかも即座に目安がわかるのが、簡易審査の強みです。

 

ただし実際に申し込みをした後に受ける簡易審査の場合にはそうもいきません。個人情報を入力した後となるモビットの簡易審査やその他の借り入れ先では、信用情報機関に照会履歴が残る可能性が高いです。