審査のリスクと回避方法

カードローンの審査を受けるという行動にはリスクが伴います。もちろん審査を通過すれば、それ程問題はありません。しかし、もしも審査に落ちてしまえば、融資を受けられません。申込み損といえる状態で、手間や時間をかけて申込みをしたのに報われない状況となります。これだけならリスクという程でもありませんが、問題は信用情報の履歴です。

 

カードローンの取引きの履歴については、信用情報機関に記録が残ります。いついくら借りたのかは、信用情報機関の記録を参照すればばれてしまいます。いついくら借りたのかという情報ももちろん残りますが、ここでは申込み情報自体も記録として残ります。審査に落ちてしまった場合、申込みをしたという情報だけが記録として残る形になります。

 

カードローン会社は複数社への同時申込みを嫌うので、申込み情報が記録として残ってしまうと、他社での審査にも影響を与えてしまいます。

 

これに対する対策として、審査に通りやすいカードローンを選ぶのはもちろんですが、審査は実際に受けてみなければ、結果は知りようがありません。全くリスク無く審査に通りそうかどうかを調べる方法が簡易審査です。今は自分の個人情報を入れなくても、融資できそうかどうかを調べれられるカードローンも一般的になってきています。

 

簡易審査と診断は似たようなものとなり、申し込み当日の即日借りられるカードローンで有名なアコムにおいても、3秒診断で簡単に確認ができます。