複数社同時申込みの危険性

カードローンの審査に落ちてしまうと、申込み情報だけが残ってしまいます。複数社での借入れを嫌うカードローン会社にとって、申込み情報はマイナス材料として判断されてしまいます。そのため、複数社へ安易にカードローンを申込むのは得策とは言えません。

 

そして、これを避けるために、敢えて金利の高いカードローンを選ぶ人もいます。また、簡易審査を有効活用して、借りられそうなカードローンを厳選して申込む人もいます。それだけ、複数社への同時申込みは審査に悪い影響を与えるのです。

 

複数社のカードローンの同時申込みは、2つの懸念から警戒されます。1つは余程お金に困っているという状況です。すでに他社でも申込んでいるにも関わらず、またカードローンの申込みをしているという状況は、切羽詰まった状況を連想させてしまいます。先に申込んだところで断られたか、限度額が足りない状況だと判断されてしまえば、融資すべきかどうか慎重になるのも当然といえます。

 

もう1つの懸念は不正契約です。自暴自棄になって、脅されて、身分証明書を偽造して、様々な事情で複数社からまとめて借入れをして、踏み倒してしまうというケースは実際にあります。いきなり複数のカードローン契約をまとめて結ぶというのはやはり不自然で、それに対してカード会社は警戒をします。

 

複数社への同時申込みは、普通に契約をしたいのであればさけるべきなのです。

 

審査が厳しくなるカードローンほど特に言えることであり、銀行で借りるカードローンとなるオリックス銀行で進めるカードローンの審査も多重申し込みには厳しくなります。