カードローンは審査で選ぶ

カードローンをどこで申込むのかはとても重要です。金利や限度額など、各カードローンによって変わってきますし、後で後悔しても遅いです。

 

カードローンの場合、A社を試してみたけどいまいちだったからB社を利用しようと決めた、と単純にはいきません。申込みや利用履歴が信用情報機関に記録されているのですが、A社を申込んだのも、契約中または解約したのも、全てB社にばれています。利用履歴が筒抜けだと、あるケースで非常に具合が悪くなります。それが審査落ちです。

 

 

審査に落ちるとカードローンが組めなくなる?

例えばA社のカードローンを申込んで審査に落ちたとします。次にB社にカードローンを申込んだ時に、A社に申込んでいるという情報がすでに共有されています。B社からすれば、A社でもカードローンを申込んでいる、もしくは審査に落ちたのでB社に来た、と判断されます。その上で審査に通る可能性ももちろんありますが、これが決め手になって審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

もしもB社のカードローンの審査も落ちてしまうと、今度はC社でカードローンの申込みとなります。C社にしてみれば、短期間にA社にもB社にも申込んでいる、これは余程お金に困った状態なのではと勘繰られてしまいます。

 

短期間に3社以上に申込むと、どこからも貸してもらえない状態になります。これが申込みブラックといわれている状態です。申込みをしただけの記録であれば半年で消えますが、逆に言えば半年間はお金が借りられない状況となります。

 

おまとめローンをカードローンで利用をしようと考える方は、よく「どこに申し込んでも借りられないからおまとめローン」などと考えますが、これでは審査には通りません。おまとめローン審査は特に厳しくなる傾向にもありますので、利用時にはおまとめカードローンの審査をよく知っておかなければなりません。

 

審査に通るかどうかが重要

申込みブラックを避けるためにも、審査に通るかどうかはとても重要です。低金利だからと安易にカードローンを金利だけで選んでしまい、審査が厳しくて落ちてしまっては意味がありません。審査に落ちても、申込みをしたという履歴は残ってしまいます。落ちたら別の所で申込めばいいとはいっても、次回の審査がより厳しいものになってしまいます。

 

だからカードローン選びで審査はとても重要なのです。A社とB社で、B社の方が高金利だとしても、初めからB社を選んだ方が審査には通りやすいです。しかし、A社を先に申込んでしまうと、結果としてA社もB社も受からなくなる可能性があります。

 

審査に自信がある人は好きなカードローンを選ぶのがよいでしょう。単純に条件が良い程優れたカードローンといえます。ただし、審査に自信がない人や不安がある人は、数%の金利差であれば、審査に通りやすいカードローンがよいでしょう。

 

審査に通りやすいカードローンとは

カードローン選びで審査に通るかどうかが重要だとわかっても、実際に審査に通りやすいカードローンがどこなのかを知らなければ意味がありません。

 

カードローン選びで金利を気にする人が多いですが、審査の通りやすさで言うなら、最高金利が高い程審査には通りやすいです。金利が低い方が、利息が少なくて済みますが、カードローン会社側からしたら、それだけ審査も慎重になります。確実に回収し、貸し倒れを減らさなければ利益がでないからです。

 

また、銀行のカードローンは審査が厳しく、消費者金融は審査が緩い傾向にあります。審査が不安なら、消費者金融を選んだ方が無難です。審査の通りやすさについては、大手メガバンク、ネット銀行、地方銀行、大手消費者金融、中小消費者金融、の順に、通りやすくなっていきます。

 

ただし、これはあくまで大体の傾向です。大手消費者金融の審査に落ちたけどネット銀行のカードローンの審査には通る、という可能性はあります。そのため、もしも大手消費者金融のカードローンの審査に落ちたら、敢えて違う系列の、地方銀行のカードローンの審査を受ける方が、審査に通る時もあります。

 

まずは大手の消費者金融の審査を受けてみると良いので、誰もが知る大手のプロミスで受ける審査から始めてみましょう。